台北府城の北門を踏襲して恩門を受けて、台北城が昔の入口は北門の老舗旅館を創立して、各地の旅する人々を接待して;計画後に「北門文旅」の斬新なイメージによって現すことを改装して、ふたたび鯤溟会館を定番の刺繍製品の面は、歴史文化と視覚創意を結びつけて、そしてARとVRの最新を運用してバーチャルで、いっぱいの技術を増えて実現に昔の大稲埕の百年の風華が再現したいし、旅館の中を注入して、斬新な生命を授けて、長い年代の交替に革新することが書けます!

北門文旅は台北市の大同区に位置して、地下鉄、高鉄など共構範囲内、交通の便利さが違えない、今後の工事が終わると(空港までの高鉄)、全面的な交通を提供するこどができます。寧夏屋台、後駅、商店街及び中山、京站広場に隣り合って、モダンな台北人になってグルメと買い物の楽しさを受けることを体験して;当代芸術館と華山文芸のパークの空間が提供するし、人に俗離れした芸文に浸らせることは生活して、北門文旅は何よりも旅行者に最善が選べます!